はなふさ皮膚科

ご予約はこちら
close

AGAの治療費相場

AGAの治療を始めたいと思いながらも「いくらお金が必要なのだろう?」、
「できるだけ安く治療する方法はあるの?」と費用のことでお悩みの方も多いかと思います。あまりにも高い費用が必要になると、治療が難しくなってしまうこともあるでしょう。

今回は代表的な治療方法の相場を詳しくご紹介します。安い治療の危険性も解説しているので、ぜひ治療の参考にしていただけたらと思います。

AGA治療は保険適用になるのか?

AGAの治療は、基本的にクリニックを受診して進めるものです。そうなると「保険は使えるのか」という点が気になってきます。AGAの治療は、残念ながら保険適用の対象外です。

国民健康保険の公式サイトを見ると、「治療以外では保険がききません」との記載されていることがわかります。しかしこの文を見ただけでは、「AGAの治療だって立派な治療では?」とも思ってしまいますよね。

AGAの進行は見た目が変わり心身ともに影響があるとも考えられますが、体に健康被害があるわけではないので保険が使える治療としては認められていないのです。また治療ではなく、予防が目的のものも保険は適用になりません。

AGA治療以外に、以下のものも保険適用外です。

・健康診断
・予防注射
・美容整形
・歯列矯正

AGAの相場を治療方法ごとに解説

どこのクリニックにかかっても、AGA治療は保険が適用になりません。保険が適用されないことから、治療費はクリニックが独自に設定できることが特徴です。ということは、どこのクリニックで治療を受けるかによって値段が変わるとも言えます。

フィナステリドを使った治療の相場

フィナステリドは、ジヒドロテストステロンを作るのに必要な5αリダクターゼ(5α還元酵素)の働きを抑える飲み薬です。フィナステリドが配合されている代表的なお薬には、プロペシアがあります。

クリニックの費用相場

代表的なクリニックでフィナステリドを処方してもらう場合、1か月分でいくらかかるのかを税抜き価格で調べてみました。

・Aクリニック 4,800円
・Bクリニック 6,000~7,000円
・Cクリニック 7,000円

平均すると約6,000円です。ただしこれはフィナステリドのみの費用となるので、診察料は別計算になります。もろもろ全部をひっくるめると、フィナステリド1か月分の費用は、約1万円前後が相場でしょう。

ただしクリニックによっては、毎月の血液検査が必須なところもあるため、さらに料金がプラスになることも考えられます。

個人輸入の相場

フィナステリドは、クリニックを受診しなくても個人輸入で購入することが可能です。こちらも税抜価格での相場を調べてみました。個人輸入サイトでは100錠単位で売られていることもあるので、今回はすべて30錠分(1か月分)に換算して料金を紹介しています。

・Aサイト 約856円
・Bサイト 約3,273円
・Cサイト 約2,088円

個人輸入だと、随分と安くなりますね。平均すると約2,072円です。個人輸入では診察料や血液検査の費用はかからないため、これ以上の出費は必要ありません。送料もほとんどのサイトで別途支払いが不要です。

ミノキシジルを使った治療の相場

次にミノキシジルの塗り薬について、1か月分の相場を見ていきましょう。ミノキシジルはクリニックで処方してもらう以外にドラッグストアや薬局、個人輸入でも購入できることが特徴です。

クリニックの費用相場

・Aクリニック 5,000円
・Bクリニック 5,000円
・Cクリニック 約3,273円

すべて濃度が5%のミノキシジルで費用をご紹介しています。平均すると1か月あたり約4,000円です。これに診察料や検査料が加わります。

ドラッグストアや薬局の相場

ミノキシジルは薬剤師がいるドラッグストアや薬局でも購入できます。少し前までは大正製薬が販売しているリアップのシリーズしか市場にありませんでした。しかし今は、リアップの特許が切れたため、さまざまなメーカーからミノキシジルが販売されています。

・Aメーカー 7,048円
・Bメーカー 約7,091円
・Cメーカー 7,000円

特許が切れたから安い商品が出ているのかと思いきや、相場はどこのメーカーも約7,000円です。5%ではなく1%なら4,000~5,000円で売られていますが、市販でミノキシジルを買われるほとんどの方は5%のものを買われています。

個人輸入の相場

・Aサイト 4,099円
・Bサイト 4,075円
・Cサイト 4,075円

どこのサイトも4,000円と少しで購入できますね。ドラッグストアや薬局で買うよりは安く手に入れることが可能です。クリニックよりも基本的には安く購入できます。

HARG療法の相場

HARG療法とは、髪の毛の成長に必要な成長因子の入ったカクテルを毛根に直接注入していく治療です。飲み薬や塗り薬は、年齢や体質によって効果が十分に出ないことがありますが、HARG療法は他の治療で効果が出なかった方にも使えることが特徴です。

HARG療法を行うためのカクテルは市販されておらず、また個人輸入でも手に入らないためクリニックでの治療がメインになります。

HARG療法は1回の治療では効果が出ないため、5回、6回と何回かにわたって治療を受けなければなりません。HARG療法も保険適用外なのでクリニックによって費用は変わるのですが、中には6回コースで60万円、高いところだと100万円を超えるところもあります。

フィナステリドやミノキシジルと比べると、かなり費用が上がるため、治療を諦めている方もいるかもしれません。ただしHARG療法は、金額は高いものの発毛の効果も高いことが特徴です。

ミノキシジルの外用剤にいたっては、中期的な効果に関するエビデンスは十分ですが、長期使用して本当に効果が出るのか、まだしっかりとした研究結果が出ていません。一方でHARG療法は確実な発毛を目指す方にとてもおすすめの治療方法です。

当院ではできるだけ多くの方に受けてもらえるように、リーズナブルな価格で提供しておりますので、ぜひご相談くださいませ。

個人輸入は安いけどリスクが大きいのでおすすめしない

フィナステリドもミノキシジルも、個人輸入で購入すると驚くほど安い価格で手に入れられます。AGA治療は長い付き合いとなるので、「安いから個人輸入しよう」と考えている方もいるでしょう。

しかし個人輸入でお薬を購入することは、以下の3つの理由からおすすめできません。

偽物の可能性がある

国内で生産された医薬品は、入っている成分の種類と成分量がきちんと明確になっています。しかし個人輸入の場合は、お薬が本物である保証はありません。

フィナステリドやミノキシジルという名前で売ってあったとしても、中にはまったく違う成分が入っていることもあるのです。

実際に入っている成分がまったく違った、もしくは他の医薬品成分も混ざっていたという報告が何件も確認されています。

効くかどうかがわからないだけならマシですが、場合によっては思わぬ健康被害をもたらす可能性があるのです。

参考:個人輸入において注意すべき医薬品等について|厚生労働省

副作用が起きても「医薬品副作用被害救済制度」の対象外

医薬品を正しく使ったのに副作用が起きてしまった場合、副作用の程度によっては救済制度を利用することができます。この制度を使えば、医療費や障害年金などが貰えるのですが、残念なことに個人輸入で購入した医薬品では救済制度の対象となりません。

何が入っているのかわからない薬を買い、さらに万が一副作用が起きても医療費などがすべて自腹になってしまうことは、とても怖いものです。

参考:医薬品等を海外から購入しようとされる方へ |厚生労働省

成分が表記通り入っている保証もない

表記通りの成分が入っていても、量が極微量である可能性も否定できません。ミノキシジルの5%外用液を買ったつもりだったのに、実は1%しか入っていないということも十分に起こり得ます。

まとめ

AGAの治療薬は個人輸入でも買えますが、偽物や思いもよらぬ副作用のリスクがあります。安全性を考えると、とてもおすすめできるものではありません。また医師にかからず個人で使用していると、副作用に気が付かないまま医薬品を使い続けてしまうリスクもあります。

安いからといって個人輸入に飛びつかず、安全性を優先してクリニックでの治療を始めましょう。

ご予約はこちら
close