ご予約はこちら
お電話はこちら
close

HARG療法と
他の薄毛治療との違い

HARG療法と他の薄毛治療との違い

薄毛治療はたくさんのものがあります。
代表的なものは
・内服薬
・外用薬(ミノキシジル)
・HARG療法
・植毛術
・カツラ
・育毛エステ(民間療法)
などがあります。

内服薬

  • フィナステリド
    フィナステリド
  • フィナステリド
    ザガーロ

内服薬は男性型脱毛(AGA)の場合、フィナステリド、デュタステリドが双璧で、テストステロン(男性ホルモン)が毛根で活性化するのを妨げることで、その攻撃を防ぐ治療として、スタンダードな治療です。十分なエビデンスもある治療ですので、まずは試してみる価値があります。
欠点といえば、男性しか使用できない、内服をよる性欲の減退、性機能の減退などの副作用があるという点です。これらの制限や副作用はHARG治療にはありません。
Kawashimaらによるとフィナステリドでは、48週投与で1 mg投与群で58.3%(77/132例)の改善が見られたとのことですが、逆にいうとフィナステリドだけだと1年近く内服し続けても42%の方は改善が見られないということになります。しかし、フィナステリドのいいところは、内服を続けても効果が落ちず、3年内服を行うと78%の方に「やや改善」以上が見られたとしています。
性機能に対して影響があるのかないのか、かなり議論の分かれる薬剤ですが、2019年現在では、性機能への影響は否定できないというのが一般的な考え方です。
ゆっくりじっくり効いてくる薬剤ですので、急速に髪を増やしたい場合には不向きですが、薄毛が軽度な方には予防も込めて最適な治療法といえるでしょう。

  デュタステリドの 治験では、0.5mgを投与したところ、52週時の頭頂部円内(直径2.54cm円中)の毛髪数のベースラインからの変化量は、68.1本であり改善が示された’とあります。
直径1cm円中に換算すると13.4本程度になりますので、1年近く内服しても緩やかな改善であることがわかります。
デュタステリドは、勃起不全13例(10.8%)、 リビドー減退10例(8.3%)、射精障害5例(4.2%)とかなり性機能に対する影響が強いです。

  これらの薬剤は内服を続ける必要があり、内服をやめると半年ほどかけて毛数、毛量は元に戻ってしまいます。
上記の点を考慮しますと、症状が軽症の場合や予防したい場合は、フィナステリドだけでも十分な改善が見込めます。
しかしある程度症状が進んでいる場合は、HARG療法の併用も検討するといいと思います。
デュタステリドに関しては、性機能への影響が強いため、使用に関してはやや注意が必要と思われます。
HARG療法との比較に関しては、それぞれ治療の方向が違います。
HARG療法は毛包を活性化させ、髪の毛を増やす治療、フィナステリドやデュタステリドは男性ホルモンからの攻撃から毛包を守る守りの治療と言えるでしょう。野球で言えば投手と打者を比較してどちらの方が優れているか比較するようなもので、どちらの方がいいという比較は困難です。
AGAの場合は、内服治療とHARG療法を組み合わせるのが理想です。

料金の比較でいうと
内服薬のフィナステリドは49,500円(税込)/半年(承認薬の場合)
HARGは当院の場合、440,000円(税込)/半年
となります。
  フィナステリドとHARG療法はどちらも良い面のある薬剤で、比較するというより補い合う関係で、それぞれ使い分けるか併用するといいのですが、あえて比較すると下の表のようになります。

フィナステリド HARG
適応 男性型脱毛症のみ

(重症例は除く)
男性型脱毛症

(重中程度まで対応可能)
女性型脱毛症

(重中程度まで対応可能)
費用 安い
8,250円(税込)/月
中程度
88,000円(税込)/月
効果の速さ 比較的ゆっくり 比較的早い
効果の持続時間 半年~1年 1年以上
性機能への影響 影響の可能性あり なし
通院頻度 1か月~数ヶ月に1度 1ヶ月に1度
治療の痛み なし あり
安全性 高い 高い
計測された効果 3ヶ月で10.1本/㎠上増加 3ヶ月30.5本/㎠上増加

そのほか、ビタミン剤の内服、アミノ酸の内服、抗酸化剤などが行われていますが、エビデンスは乏しく、単剤での効果はかなり限定的でしょう。
あくまで補助の範囲にとどまる治療法です。

 

女性型脱毛の関して

女性に関しては、フィナステリド、デュタステリドの治療は禁忌です。
女性にはパントガールという内服薬が使われています。パントガールに関しては単剤での治療効果はやや弱いかなという印象で、特に治療初期や症状が中程度以上の方ですとミノキシジルやHARG療法などと組み合わせた方がいいでしょう。

 

外用薬

ミノキシジル外用薬

  • ミノキシジル外用薬 : 2%
    ミノキシジル外用薬 : 2%
  • ミノキシジル外用薬 : 5%
    ミノキシジル外用薬 : 5%

薄毛治療における外用薬はミノキシジル外用薬が最も重要な薬です。ミノキシジル外用薬は毛包周囲の血流を拡張するだけでなくKGF、HGF、VEFG、FGF−7という成長因子の産生を促進することで、毛乳頭細胞を活性化すると言われています。
そういった意味では、HARG療法と効果の機序は似ています。
ミノキシジル外用薬は、男性では5%、女性は2%のものを使用することが推奨されています。
男性型脱毛症に対してはミノキシジル5%を朝晩2回ずつ塗布することで、12週間で23.7本/㎠上の増毛が見られたとの報告があり、ミノキシジル外用薬の効果はかなり高いと言えるでしょう。ただミノキシジル外用薬は3−6ヶ月程度で効果のピークがおとずれ、その後は髪が増えることはあまり期待できません。2年間使うと使わなかったよりも髪は増えているでしょうが、外見上、満足いくほど髪が増えることは少ないでしょう。

  付け薬の一番のデメリットは毎日きちんと1日2回継続的につけられる人がそれほど多くない、という点にあります。
朝忙しくて、薬をつけるのを忘れてしまう、夜外食で遅くなって薬をつけるのを忘れてしまう、出張に持っていくのを忘れてしばらく薬をつけられなかった、などという理由で、治療そのものをやめてしまうかたが多いのです。また最初の頃、頑張ってつけていても12週〜24週くらいにピークがきてその後はあまり増えていかないので、外用を中断してしまう人も多いです。
  その他、
・アデノシン、
・塩化カルプロニウム
・t-フラバノン
・サイトプレン・ペンタデカン
・ケトコナゾール
などが日本で売られていますが、エビデンスに乏しく、外用薬だけでAGAの症状が十分改善したという症例は筆者の知る限りありません。

付け薬とHARG療法の比較ですが、これも比較するものというより、
・HARG療法:病院での施術
・ミノキシジル外用薬:ホームケア

という風に別のものと考えた方がいいでしょう。ある程度HARG療法で毛髪を増やしてから、ミノキシジル外用薬に切り替えるのもいいでしょう。

ミノキシジル外用薬 HARG
適応 男性型脱毛症(軽症例)

女性型脱毛症(軽症例)
男性型脱毛症
(重中程度まで対応可能)

女性型脱毛症(重中程度まで対応可能)
費用 安い
6,600円(税込)/月(男性:5%)
5,500円(税込)/月(女性:2%)
中程度
88,000円(税込)/月
効果の速さ 比較的早い 比較的早い
効果の持続時間 半年~1年 1年以上
継続性 継続がやや難しい
(毎日つけるのが意外と難しい)
簡単
通院頻度 1か月~数ヶ月に1度 1ヶ月に1度
治療の痛み なし あり
安全性 かぶれの報告が6-14%程度 高い
計測された効果 3ヶ月で23.7本/㎠上増加 3ヶ月30.5本/㎠上増加

植毛術

外用薬・内服薬・HARG療法といった非手術的な治療をフルで行っても1年以上、薄毛が反応しない場合は、植毛術などの外科的治療に移行するといいでしょう。
植毛術には自毛植毛と人工毛植毛の2つがあります。

  人工毛植毛は多くの生着例が報告されていますが、感染や瘢痕化のリスクが長期間にわたり付きまといますので、現在ではあまり推奨されていません。
ですので、植毛するなら自毛植毛ということになります。
自毛植毛はご自身の後頭部などから採取した毛を1本ずつ、もしくは数本ずつ株分けしてきます。それを、薄毛が気になる部分に田植えのように打ち込んでいきます。かなり原始的な方法に思われますが、長い歴史のある治療で80%以上の生着率が報告されるまでに至っています。

  自毛植毛のメリットはかなり薄毛が進行し、毛包がなくなった部位にも増毛が可能、という点です。
内服薬や外用薬ではそれは不可能です。逆にいうと、頭頂部や前頭部の産毛も完全いなくなってしまえば、植毛しか方法はないということになります。

  料金が高額になること、技術的、時間的に1回、数千株程度の植毛までであるという限界があります。植毛する範囲にもよるでしょうが、一回あたり100万円程度の費用がかかり、結果的に十分な増毛を得るために数百万円の費用がかかるのが普通です。
植毛のダウンタイムは1週間程度ありその間は頭部を触れない、運動ができないなどの制限があります。さらに赤みが1ヶ月ほど続来ます。
現実的には仕事は、1週間ほどは休むことになるでしょう。

  植毛をしたらそれで半永久的に増毛が続くかというとそうではなく、AGAの方であればやはり男性ホルモンの影響を受けますので、やはりその後、内服薬(フィナステリド)や外用薬(ミノキシジル)の使用が必要になります。

植毛 HARG
適応 男性型脱毛症
(最重症例まで)

女性型脱毛症
(最重症例まで)
男性型脱毛症
(最重症例は除く)

女性型脱毛症
(最重症例は除く)
費用 高い(数百万) 中程度
88,000円(税込)/月
効果の速さ 早い
(ただし生着まで2週間、その後、脱毛し再度、十分生えてくるまでに半年程度)
半年程度
効果の持続時間 長い 1年以上
ダウンタイム 1—2週間 ほとんどない
通院頻度 医院による 1ヶ月に1度
治療の痛み あり、術後もしばらく痛みが続く あり、ただし術後はすぐに改善
安全性 高い 高い
計測された効果 どれだけ植皮するかによる。植皮したものに関しては生着率80%以上が期待できる 3ヶ月30.5本/㎠上増加

かつら

かつらは通常のものであれば安全性はかなり高いと言えるでしょう。

  かつらは一般的にはオーダでつくるのには60−120万ほどかかると言われています。また、その後も伸びてきたもともとある髪の毛のカットやかつらのメンテナンスで、月10,000円ほどかかります。更にかつらの修理メンテナンス時は、1ヶ月ほど時間がかかりますので、予備のかつらを買うことも避けられません。
そして年1回の修理(数万円程度)、専用のシャンプー代(月5000円ほど)など次々に費用がかかっていきます。かつらも消耗品ですので、2、3年で作り変える必要があります。
近年では残っている毛に編み込むタイプのものも増えていますが、そちらに関しては、元々残っている髪の毛に編みつけていますので、髪の毛が伸びるに従い修正が必要となり、高額のメンテナンスは避けられないでしょう。
もともとの毛が抜けてしまえば、一緒に増毛した髪も抜けてしまうでしょう。編み込まれた毛にも負担がかかってしまいます。

  かつらを利用する場合は、長期的にいくらくらい費用がかかるか、メンテナンスの体制はどうなっているのか、十分に確認してから購入することを強くお勧めします。 
かつらに関しては装用感(違和感)の問題、かぶれの問題、人にバレてしまう問題、違和感などがあります。さらに定期的に費用が掛かり続けますので、結果的にはクリニックで増毛させた方が安く済む、という場合もあるでしょう。

  かつらのメリットとしては、現在の医療では治療できないほどAGAが進んでいる場合でも増毛可能な点です。また痛みやダウンタイムがないのも優れた点です。

かつら HARG
適応 男性型脱毛症
(最重症まで対応可能)

女性型脱毛症
(最重症まで対応可能)
男性型脱毛症
(重中程度まで対応可能)

女性型脱毛症
(重中程度まで対応可能)
費用 高い
初期費用50万円〜100万円その後もメンテナンス代がかかる
中程度
88,000円(税込)/月
メンテナンス 特殊はカットが必要、定期的なかつらのメンテナンスが必要 なし
ダウンタイム 長い ほとんどない
継続性 定期的なメンテナンスが必要 簡単
通院頻度 必要なし 1ヶ月に1度
治療の痛み なし あり
安全性 金属を使ったかつらは金属アレルギーのリスクがある。 高い
計測された効果 ややあり なし

増毛サロン(民間療法)

増毛サロンに関しては最も注意が必要です。巨額な広告費をかけ、それを回収するために、高額のコースをお勧めされることが多々あります。数百万円程度のお金がかかることが普通にあります。それで髪の毛が増えるならいいのですが、ほとんどの場合、効果がなく、効果がないためにさらに高額な費用を請求される場合もあり、金銭トラブルも多いです。
増毛サロンで行われていることは、頭皮の洗浄、マッサージ、オイル、育毛剤の塗布といった物です。
このうち、頭皮の洗浄、マッサージ、オイルではAGAに対して効果がないことが証明されています。育毛剤では一部効果が証明されているものありますが、わざわざ数百万円もかけなくても市販のものを数千円で買えば十分なものです。
育毛サロンで髪の毛が生えた、という口コミもありますが、プラセボ効果だけでもある程度の増毛効果が見られることもありますので、それで発毛の効果があるとは思わない方がいいでしょう。

増毛サロン HARG
適応 効果は証明されていない。 男性型脱毛症
(重中程度まで対応可能)

女性型脱毛症
(重中程度まで対応可能)
費用 非常に高い
数百万円
中程度
88,000円(税込)/月
効果 不明
証明されたものはない。
3ヶ月30.5本/㎠上増加
効果の速さ 不明、データなし 比較的早い
効果の持続期間 不明、データなし 比較的長い
通院頻度 1週〜数週に1回などサロンにより様々 1ヶ月に1度
治療の痛み なし あり
安全性 データなし、時にかぶれあり 高い
金銭トラブル 多い ほとんどない
  • HARG療法の効果
  • HARG療法の持続期間について
  • HARG療法の副作用と危険性について
  • 成長因子について
  • HARG療法の流れ
  • 他の薄毛治療との違い
  • HARG療法の費用
  • HARG療法に伴う痛みの緩和
  • 発毛・育毛のためのメソセラピー
ご予約はこちら
  1. HARG療法の効果
  2. 発毛・育毛のための
    メソセラピー
  3. HARG療法の
    持続期間について
  4. HARG療法の副作用と
    危険性について
  5. 成長因子について
  6. HARG療法の費用
  7. HARG療法の流れ
  8. 他の薄毛治療との違い
  9. HARG療法に伴う痛みの緩和