はなふさ皮膚科

ご予約はこちら
close

AGAのセルフチェック

髪の毛のボリュームが気になってきたものの、自分がAGA(男性型脱毛症)なのか、それともただの気にし過ぎなのか迷っている方もいるのではないでしょうか。
AGA治療は早期に開始すればするほど効果が出やすいものです。
手遅れになる前に、まずは自分にAGAの可能性があるかどうかをセルフチェックしてみましょう。

AGAかどうかセルフチェックする方法

AGAなのかそれとも違うものなのかを最終的に判断するのは医師です。しかしある程度は自宅にいながら簡単にセルフチェックができます。
これからご紹介する項目をチェックすることで、ある程度の判断が可能です。ぜひ鏡を用意してご自身の髪の毛をチェックしながら読み進めてみてください。

髪の毛の状態を見る

まずは自分の髪の毛の生え際や頭頂部を見てみましょう。
いわゆるM字やU字、O字の形で薄毛が進行していないでしょうか。これらの形はAGAの患者に見られる典型的な形です。

とはいえ、元のおでこの形によってはなかなか判断がつかないこともあるでしょう。
そのようなときは「2cm」を意識すると薄毛が進行しているかを簡単に判断できます。耳の穴と頭頂部を結ぶ直線から2cm前方のラインまでM字が進行している場合は、要注意です。

またU字やO字の場合は以前と比べて密度やボリュームが減っていないかを見てみましょう。

髪の毛の太さや長さを見る

AGAになると薄毛になるのは、髪の毛1本1本が細く短くなってしまうからです。
たとえ同じ本数が生えていたとしても、1本あたりの太さや長さが違えばボリュームは少なく見えてしまいます。
AGAかな?と思ったら髪の毛をまずはじっくり見てみてください。

薄毛が進行している部分と、進行していない部分の髪の毛を見比べてみましょう。
首の付け根のあたりはAGAの影響を受けにくい部位ですので、この部分と見比べてみるのがおすすめです。
ヘアスタイルによっては長さの比較が難しいと思いますので、その場合は太さを比べてみてください。

抜け毛の毛根の形を見る

AGAの進行具体によっては、髪の毛の太さや長さでは判断しにくいこともあるでしょう。
そのようなときは、自然に抜け落ちた髪の毛の毛根を見てみてください。
AGAではない健康な髪の毛の場合は、毛根(毛の根元部分)が丸い形をしています。
一方でAGAの方の毛根は、丸みがなく先が尖っていたり、一部だけが尖った形をしていたりすることが特徴です。
髪の毛が細くなっている状態だと、毛先から根元までまっすぐな形をしていることもあります。

抜け毛が十分に成長しておらず、細く、弱々しいまま抜けている毛が目立つ場合は注意が必要です。
成長期が十分でない、すなわちAGAが疑われます。

親族に薄毛の方がいる

親が薄毛だから、祖父が薄毛だから自分も遺伝するかもしれない、と遺伝を気にされている方はとても多いでしょう。
親族に薄毛の方がいる場合はたしかに自身もAGAになる確率が高くなります。
なぜならAGAを進行させるジヒドロテストステロン(DHT)の作られやすさがある程度は遺伝子によって決まるからです。

ジヒドロテストステロンは、テストステロンに5αリダクターゼ(5α還元酵素)が働くことで作られます。
5αリダクターゼの働きは、遺伝子によって強さが左右されることがわかっているのです。
そのため親族に薄毛の方がいる場合はAGAになる確率が高くなります。

しかしここで注意したいのは、必ずしもAGAの遺伝子が受け継がれるわけではないということです。
AGAのなりやすさは1つの遺伝子ではなく、複数の遺伝子が組み合わさって決められます。
AGAの原因となる特定の遺伝子を見極めることは難しいため、必ず遺伝によってAGAが発症するわけではないのです。
親族に薄毛の方がいると、AGAのリスクが上がりやすいと認識していただけたらと思います。

抜け毛の本数を数える

人間の髪の毛は、健康な方でも1日に50~100本ほど抜けていきます。
1本1本を数えるのは難しいとは思いますが、目安として1日に150本以上抜けるとAGAの可能性が考えられるでしょう。
ただし抜け毛の本数は季節によっても大きく変わるので、本数だけでAGAを判断することはできません。
特に9月から11月頃は年間を通しても抜け毛の量が増える時期です。

クリニックではどのような検査をするか

ではクリニックを受診した場合は、どのような検査が行われるのでしょうか。
ここでは代表的なものをご紹介します。

問診

問診票に、髪の毛の気になる部分について記載してもらいます。
たとえば細くて短い毛が増えた、シャンプーのときに抜け毛が気になるといったものです。
問診票をもとにして医師がさらに詳しく症状を聞いていき、AGAかを判断します。

視診

視診とは、髪の毛の状態を実査に見ていくものです。
太さや長さ、進行状態などを観察します。
他の疾患の可能性を排除するために、局所的な抜け毛がないかや抜け毛の進み方に異常がないかなどもチェックします。

マイクロスコープ

頭皮の状態をよりしっかりと観察するために、マイクロスコープを使って見ていきます。
髪の毛の太さや密度、地肌の面積などを鮮明に確認することが可能です。
マイクロスコープを使えば患者さん自身もモニターで頭皮の状況を見られます。
薄毛の部分とそうでない部分を見比べることで、自分の髪の毛が現状どれくらい細くなっているのかも見ることが可能です。

AGAかなと思ったらやるべきこと

ここまで紹介したセルフチェックの方法を、ぜひ今からでもやってみてください。
髪の毛の本数を数えるのは難しいかもしれませんが、太さや長さ、毛根の形はすぐにでもチェックできるものです。
セルフチェックが終わって「もしかしたらAGAかも」と思った場合は、さらに次のステップへ進みましょう。

すぐにクリニックを受診する

セルフチェックの結果、少しでもAGAかなと思ったのであれば、すぐにクリニックを受診してください。
できるだけ早く行くことをおすすめします。
なぜならAGAの治療は、早く始めれば始めるほど効果が出やすいからです。

AGAが進行していくと、次第に毛根が死滅してしまいます。
いくらAGAの治療を行っても、毛根の働きが失われている状態では結果が出ないのです。
またどうしても若い方のほうが細胞の働きが活発なので、治療効果が出やすい傾向にあります。
放っておくと治療をしても思うように効果が出ないことになりますので、少しでも早く受診しましょう。

飲み薬や塗り薬での治療

クリニックを受診し、AGAと診断されたら治療を始めます。
効果が認められている治療方法としては、飲み薬や塗り薬が一般的です。

プロペシア(フィナステリド)

AGAの治療薬として昔から使われている飲み薬です。
5αリダクターゼの働きを抑えることで、ジヒドロテストステロンの生成を抑制します。

ザガーロ(デュタステリド)

プロペシアと働きがとても似ている飲み薬です。
比較的新しいお薬で、プロペシアよりもさらに強力に5αリダクターゼの働きを抑えます。
そのため高い効果が期待できるお薬です。
ただしその分、プロペシアよりも副作用が起こりやすい特徴もあります。

ミノキシジル

ミノキシジルには飲み薬と塗り薬とがあります。
成長期→退行期→休止期と進んでいく毛周期のうち、成長期の時期を正常に整える働きがあるお薬です。

まとめ

AGAは、髪の毛の太さや長さ、毛根の形、抜け毛の本数や親族に薄毛の方がいるかどうかなどを見ることでセルフチェックができます。
もし少しでもAGAが疑われる場合は、早めにクリニックを受診してください。
早く治療を始めるほど、発毛効果を実感できます。

ご予約はこちら
close