はなふさ皮膚科

ご予約はこちら
close

発毛剤と育毛剤の違い

「薄毛が気になってきたから育毛剤を買おうかな…」と、薄毛が気になってきた方は育毛剤を手にすることが多いです。
しかし育毛剤と発毛剤の違いを知らずに手を出してしまうと、思うような効果が出ずにお金をドブに捨ててしまうことにもなりかねません。
そのようなことにならないために、ここで一度、育毛剤と発毛剤の違いを確認しておきましょう。

育毛剤と発毛剤の違い

髪の毛が薄くなってきたら育毛剤、というイメージが残念ながら間違った解釈で定着しています。
多くの方が育毛剤と発毛剤の違いを知らずに使っているのが実際でしょう。
育毛剤と発毛剤はまったく別のものなのですが、中には呼び名が違うだけでどちらも同じようなものだと思われている方もいるかもしれません。
まずは育毛剤と発毛剤の基本的な違いについてご説明してきます。

育毛剤とは

ほとんどの育毛剤は医薬部外品に分類されています。
医薬部外品とは治療ではなく主に予防を目的としたものです。
つまり育毛剤も薄毛の治療ではなく、予防のためのアイテムであることがわかります。

薄毛の予防に使うものなので、すでに髪の毛が抜けてしまった部分に新しく髪の毛を生えさせる効果は期待できません。
今ある髪の毛を健康に保つために使うのが育毛剤なのです。つまりすでに抜け毛や薄毛が進行してしまった方ではなく、今生えている髪の毛を大事にケアしてあげたい方向けの商品であると言えます。

発毛剤とは

一方で発毛剤は医薬品に分類されるものしか販売されていません。
代表的なものだと大正製薬のリアップのシリーズがあります。
医薬品は治療を目的として販売されているのが特徴です。そのため発毛剤も薄毛の治療に使用することができます。

薄毛の治療に使えるということは、すでに抜けてしまった部分からも髪の毛が生えてくる可能性があるということです。
AGA(男性型脱毛症)の治療薬として主に使われているミノキシジルは、使用を続けることで髪の毛の本数を増やし、太さも回復してくれることがわかっています。

育毛剤と発毛剤の効果の違い

育毛剤と発毛剤の違いはおわかりいただけたでしょうか。
育毛剤は今生えている髪の毛を健康に保つもの、発毛剤は新しく髪の毛を生えさせるものです。具体的にどのような効果があるのか、成分を見ながらもう少し詳しく見ていきましょう。

育毛剤の効果

多くの育毛剤には、頭皮の血行をよくする成分や頭皮の環境を守る成分が配合されています。代表的な成分を見てみましょう。

t-フラバノン

毛根に働きかけて、髪の毛の成長を促す成分です。6か月使用することで、毛髪の直径が大きくなったというデータがあります。
今生えている髪の毛を、より太く健康にするための成分です。

イソプロピルメチルフェノール

こちらは殺菌効果を目的として配合されているものです。頭皮がかゆくなったり荒れたりしやすいという方は、このような殺菌成分が入っているものを選ぶと良いでしょう。
雑菌が繁殖しにくくなるため、頭皮のニオイ防止にも使えます。

グリチルリチン酸

炎症を予防する目的で配合されている成分です。頭皮に炎症が起こると髪の毛の成長が妨げられることもあるため、頭皮の健康が気になる方に良く使われています。

この他にも育毛剤にはさまざまな成分が配合されていますが、ここで紹介した成分を見てもらうとわかる通り、新しく髪の毛を生やすような成分は育毛剤には含まれておりません。
今の時点で生えている髪の毛を健康にし、頭皮環境を整えてあげるのが育毛剤の役割であると言えます。

発毛剤の効果

外用の発毛剤として使われているもののうち、きちんと発毛効果が認められているものは、ミノキシジルのみです。
そのため、発毛剤=ミノキシジルと考えてもらって問題ありません。ヘアサイクルを正常に戻す働きがあるため、髪の毛を成長させることができるのです。

そもそもAGAというのは、ヘアサイクルが乱れることにより起こります。
髪の毛が太く長く成長していく成長期、髪の毛の成長がストップする退行期、抜け落ちる準備に入る休止期をぐるぐる回って生えたり抜けたりを繰り返しているのです。

健康な方であれば成長期は3~6年、退行期は2~3週間、休止期は2~3か月ほどと言われています。
しかしAGAの患者さんの場合、十分に成長期で髪の毛が成長する前に退行期へと移行してしまうことがわかっているのです。
そのため髪の毛の量や長さが十分でないものが増えてしまい、結果として薄毛が進行していきます。

ミノキシジルは短くなってしまった成長期を元に戻す働きを持っていることが特徴です。
成長期の期間を健康な方と同じくらいに戻すことで、成長する前に抜けていた髪の毛がしっかりと太く長く成長できるようになります。

ヘアサイクルの関係もあり、使い始めてすぐに効果が出るものではありませんが、早い方ですと使用開始から4か月で髪の毛の本数や密度に変化が現れ始めます。

発毛促進剤というのもある

発毛効果がきちんと認められているものは現在のところミノキシジルのみですが、わずかながら微弱な発毛効果が認められている成分があります。
それが塩化カルプロニウムです。塩化カルプロニウムを配合したものは第三類医薬品に分類され、発毛促進剤として販売されています。

「男性型および女性型脱毛症診療ガイドライン 2017 年版」によりますと、塩化カルプロニウムは治療の推奨度C1に分類されており、AGAの治療に“用いてもよい”とされているものです。
ミノキシジルがAの使用を“強く勧める”に分類されていることを考えると、あえて塩化カルプロニウムでの治療をするメリットはないように思われます。
実際に塩化カルプロニウムの発毛効果に関してはまだはっきりとは実証されていない段階です。
効果がないわけではありませんが、ミノキシジルのような効果は期待できません。

育毛剤と発毛剤の使い分け

髪の毛がない状態から生やしたいと考えるのなら、選ぶべきは発毛剤です。
だからといって、育毛剤が完全に戦力外というわけではありません。

育毛剤の使用がおすすめの方

・今生えている髪の毛を太くしたい方
・頭皮の環境が気になる方
・髪の毛が細くなってきている方

育毛剤の多くには、頭皮を殺菌したり炎症を抑えたりする成分が配合されています。
そのため少しでも頭皮の環境を整えて健康な髪の毛が生えやすい土台を作りたい方に、育毛剤は向いているでしょう。
また育毛剤には新しく髪の毛を生やす効果はないため、今ある髪の毛にハリやコシを与えてボリュームを出すのが使用の主な目的となります。
すでに抜け毛が進行している方ではなく、少し髪の毛のボリュームが気になりだした方が育毛剤のターゲットです。

発毛剤の使用がおすすめの方

・髪の毛の本数を増やしたい方
・抜け毛が進んだところから新しく髪の毛を生やしたい方
・AGAの症状が出ている方

発毛剤は髪の毛の密度と太さを出すことが可能です。
そのため今生えている髪の毛を守るのではなく、すでに抜けてしまったところからもう一度髪の毛を生えさせたい方向きのアイテムです。
AGAを治療したい、髪の毛の量そのものを増やしたい方は育毛剤ではなく発毛剤を選びましょう。

まとめ

育毛剤は髪の毛の健康を維持して、今ある髪の毛にハリやコシを与えるものです。
一方で発毛剤は髪の毛の本数を増やしたり、太さを改善したりするのが目的となります。
生えていないところから生えさせることができるのは発毛剤です。
すでに脱毛の症状が進んでいる方は発毛剤を、まだ抜け毛はあまりないけどボリュームが気になり始めたという方は育毛剤を選ぶと良いでしょう。

ご予約はこちら
close