はなふさ皮膚科

ご予約はこちら
close

女性の薄毛対策。髪型で薄毛をカバーしよう。

女性は40代になると薄毛に悩む方が増えてきます。男性が20代や30代で薄毛になる方が多いと考えると、女性の薄毛は遅めに出てくると言えるでしょう。薄毛を簡単に目立たなくする方法として、ヘアアレンジすることが挙げられます。

髪型を変えることで、見た目は大きく変わるものです。ここでは薄毛をカバーできる髪型をいくつかご紹介します。どれも簡単にできるものばかりなので、ぜひお試しください。また女性が薄毛になる原因や根本的に治療する方法も解説しています。

女性が薄毛になる原因

まずは女性が薄毛になる原因から見ていきましょう。男性の薄毛とは違い、女性の薄毛はこれが原因だとハッキリ言えるものがありません。まだまだ原因が分からないところも多いのです。ここでは一般に原因だと言われているものをご紹介します。

ホルモンバランスの変化

女性の薄毛にもっとも関係していると言われているのがホルモンバランスの変化です。40代になると薄毛に悩む女性が増えるのは、40代でホルモンバランスが変化するからだと考えられています。更年期という言葉を聞いたことがあるでしょう。閉経する前後の5年間を更年期と呼びます。多くの方は50歳ごろで閉経するため、45~55歳あたりが更年期です。

更年期に入ると、女性ホルモンの1つであるエストロゲン(卵胞ホルモン)が急激に減少します。すると体内にもともと存在していた男性ホルモンの量が相対的に増えてしまうため、脱毛が起こりやすくなると考えられているのです。男性ホルモンは、男性に特有のAGA(男性型脱毛症)を起こす原因でもあります。髪の毛の成長を妨げる働きがあるので、薄毛を招いてしまうのです。

女性の薄毛はこのようなホルモンバランスの変化が主に関係していると言われています。ただしホルモンバランスの変化だけで薄毛の原因を説明できるわけではありません。1つの可能性として見ておくと良いかと思います。

ストレス

年齢によらず何かしらのストレスを抱えている方は多いでしょう。ストレスも薄毛を引き起こす原因だと言われています。過度にストレスがかかった状態が続くと、自律神経のバランスが乱れてしまうことが原因です。交感神経と副交感神経のことを合わせて自律神経と言います。ストレスがかかると交感神経の働きが優位なり、血管が収縮しやすい状態になることが薄毛の原因です。血管が収縮することで血流が悪くなり、髪の毛の成長に必要な栄養素が行き渡りづらくなります。

食生活の乱れ

髪の毛が十分に成長できる状態が損なわれると、薄毛になることがあります。良くあるのが食生活の乱れです。過度なダイエットや栄養失調などにより栄養素が不足すると、薄毛になることがあります。不足すると薄毛になりやすい栄養素としては、亜鉛が代表的です。亜鉛が不足すると、欠乏症の症状として脱毛が見られることがあるのです。

女性の薄毛は髪型でカバーしよう

薄毛が目立ってきた場合、すぐに目立たなくできる方法があります。それがヘアアレンジです。薄毛をカバーできる髪型にすることで、ボリュームアップさせることが可能です。ここでは簡単にできるヘアアレンジの方法を見ていきましょう。

思い切ってショートヘアに

とくに髪の毛に重みがある方ほど、長さがあることでかえって薄毛が目立ってしまうことがあります。髪の毛の重みでボリュームがなくなり、頭皮が目立ってしまうのです。そんなときは、思い切ってショートヘアにしてしまいましょう。ショートヘアにして、なおかつ髪の毛のボリュームが出るようなふんわりした髪型にすることで、薄毛を目立たなくすることができます。髪の毛を乾かすときに、髪の毛をかきあげて根本から毛先に向けてドライヤーを当てると、ボリュームが出やすくなります。

ミディアムヘアならパーマでボリュームアップ

肩につくかつかないかくらいの髪型なら、全体的にパーマをあててボリュームを出すのも良いでしょう。毛先を中心にパーマをあてるかカーラーで巻くことで、動きのある髪型を作れます。髪の毛は外巻きではなく内巻きにすると、よりボリュームを出すことが可能です。頭頂部の分け目が見えないようにカール感を出すとさらに薄毛を目立たなくできます。

重めの前髪を作って薄毛をカバー

薄毛は前髪を作ってあげるだけでも簡単にカバーできます。前髪を伸ばして横に流している方は、ぜひ前髪を作ってみてください。ぱっつん前髪は幼く見えてしまうので、目にかかるかかからないかくらいの長さにして、毛先だけ軽くカールさせるとオシャレ度がアップします。少し重たいかなくらいのボリュームがベストです。

分け目を変える

普段とは違う分け目にしてみるのも良いでしょう。ずっと同じ分け目にしているとそこだけ薄毛が目立ちやすくなることもあるので、分け目を変えるだけでも見た目が随分と変わります。長年同じ分け目にしている方は、髪の毛にくせがついてぺたんこに見えていることも多いです。分け目を変えることで自然と髪の毛にボリュームが出ますのでぜひ試してみてください。

ゆるくひとつ結びにする

髪の毛を一か所で束ねると、薄毛になっている部分が自然とカバーされるため目立ちません。結ぶときはきつくしすぎずに、ふんわりとしたクセを残すイメージで結ぶとボリュームが出ます。

女性の薄毛を治療する方法

女性の薄毛は、髪型でカバーするのもありですが、治療をして根本的に解決を目指すのもおすすめです。治療方法としては主に塗り薬やサプリメント、HARG療法などがあります。

塗り薬を使う

塗り薬としてはミノキシジルが医薬品タイプの発毛剤として使われています。ミノキシジルには毛周期を正常に整える働きがあることが特徴です。私たちの髪の毛は成長期、退行期、休止期のサイクルを回って生えたり抜けたりを繰り返しています。薄毛になっている方は髪の毛が太く長く育っていく成長期の期間が短くなっていることが特徴的です。

ミノキシジルは短くなった成長期を元に戻す働きがあるため、使い続けることで薄毛を改善できます。4か月以上続けて使うことで発毛効果を実感できると言われているため、継続した治療が必要です。

サプリメントを使う

サプリメントは医薬品ではないので効果が実証されているわけではありませんが、髪の毛のケアに重点を置いたサプリメントも販売されています。髪の毛の成長に大事だと言われている亜鉛やコラーゲン、ペプチド、ビタミン類などを含んでいるものが多いです。薄毛対策の補助として飲むと良いでしょう。

HARG療法を行う

HARG療法とは、髪の毛を太く長く育てるために必要な成長因子を注射で直接注入する治療方法です。塗り薬で思うような効果が出なかった方でも、HARG療法なら発毛効果が出ることがあります。

髪型でカバーするよりも治療を始めることが大切

女性は髪の毛が長い方が多いので、薄毛になっても髪型でカバーしやすいことが特徴です。しかしいくら髪型で薄毛を目立たなくできるとはいえ、結局は隠しているだけで根本的な治療にはなりません。薄毛のために好きな髪型ができない方もいるでしょう。髪型を変えて目立たなくするのは1つの方法としてもちろん良いのですが、やはり根本的な治療を行うことがおすすめです。塗り薬やHARG療法など女性の薄毛にも治療方法がいくつかありますので、薄毛が気になり始めた時点で早めにクリニックを受診して治療を始めましょう。

まとめ

女性の薄毛はまだ原因がハッキリとは分かっていませんが、ホルモンバランスの変化によって起きると言われています。薄毛が目立ってきたら、ショートヘアにしたり前髪を重くしたり、パーマをかけたりすることで目立たなくすることが可能です。しかしいくら髪型で目立たなくできたとしても、根本的な解決にはなりません。いつでも自分に自信をもてるようにするためにも、クリニックで治療を始めることが大切です。

ご予約はこちら
close