はなふさ皮膚科

ご予約はこちら
close

発毛・育毛にサプリメントは効果がある?

薄毛をどうにかしたいと思い始めた方の中には、「どの育毛サプリなら効果があるの?」とお悩みの方も多いかと思います。「育毛サプリ」で検索すると多くの商品がヒットするので、悩んでしまうのも仕方ありません。しかし購入する前に1つ考えてほしいことがあります。そもそも育毛サプリって、本当に効果があるのでしょうか。今回は育毛・発毛サプリを使って髪の毛が生えるのか、効果について詳しく見ていきます。

育毛サプリとは

少しでも髪の毛のことを労って生活したい、生活習慣が気になるからサプリメントで栄養素を補いたい。そのような方のために販売されているのが育毛サプリです。

育毛サプリメントは髪の毛に嬉しい成分を補うもの

あの食べ物が髪の毛に良いらしい、これが良いらしいと言われても、毎日その食べ物を摂り続けるのはなかなか大変です。そこで手軽に髪の毛に良い成分を摂れるようにしたのが育毛サプリメントです。食品から摂ろうとすると大変なものでも、サプリメントを使えばたった数粒に成分が詰まっているので非常にお手軽です。

サプリメントと医薬品の違い

薄毛の治療といえば、塗り薬や飲み薬もあります。塗り薬だとミノキシジル、飲み薬だとプロペシアやザガーロといった名前を良く聞くでしょう。これらの塗り薬や飲み薬とサプリメントにはどのような違いがあるのかをご存知でしょうか。

塗り薬や飲み薬、いわゆる医薬品に分類されるものは、きちんと効能効果を取得しているのが特徴です。AGAに対する治療効果が認められているので、体質に合うものを選べば髪の毛を増やすことができます。

一方でサプリメントとは、たりないものを補うためのアイテムです。英語で書くと“Supplement”となり、これはそのまま“補う”という意味を持ちます。栄養バランスが乱れている方がマルチビタミンを飲むのは、普段の生活では不足しやすい栄養素を補うためなのです。同じように髪の毛を健康に保つために必要な栄養素を育毛サプリメントで補うことができます。

育毛サプリの成分(亜鉛、イソフラボン、ノコギリヤシなど)

育毛サプリメントには驚くほど多くの種類があります。それぞれ使用されている成分もさまざまです。ここでは目にする機会の多い成分について、特徴や働きを見ていきましょう。

亜鉛

亜鉛は男性をターゲットとしたサプリメントに配合されていることの多い成分です。亜鉛は必須微量元素と呼ばれている栄養素で、毛髪以外に皮膚や網膜、歯などにも含まれています。髪の毛は99%がタンパク質からできており、このタンパク質の合成に関わっているのが亜鉛なのです。毛髪を健康に保つために必要な成分だと言えます。

イソフラボン

大豆に含まれている成分の1つがこのイソフラボンです。女性ホルモンに似た働きを持つことで良く知られています。事実、イソフラボンは体内でエストロゲンと同じような働きをすることがわかっており、植物エストロゲンと呼ばれることもあるほどです。AGAの原因は男性ホルモンの一種であるジヒドロテストステロン(DHT)ですので、女性ホルモンの力を使って薄毛を防ぐ目的でイソフラボンは用いられています。

ノコギリヤシ

ノコギリヤシは、トイレの頻度が気になる方のために作られたサプリメントにも良く配合されています。ノコギリヤシが男性の脱毛に良いと言われているのは、プロペシア(フィナステリド)と似たような働きを持つことがわかっているためです。プロペシアはAGAの原因であるジヒドロテストステロンの産生を抑制するお薬として知られています。ただし発毛効果を確認できるほどノコギリヤシの働きが実証されているわけではありません。

カプサイシン

血行を良くする働きがあるカプサイシンは、トウガラシエキスとして市販の湿布薬に含まれていることもあります。毛髪に限らず血液がスムーズに回る状態が整っていると、必要な栄養素が必要とされる場所まで届きやすくなるのです。

高麗人参

朝鮮人参や人参、ニンジンエキスと記載されていることもあります。高麗人参もさまざまなサプリメントに配合されているため、ご存知の方もかなり多いでしょう。2,000年以上の歴史を持つ、サプリメントや健康食品では非常にメジャーな成分です。血流を良くする目的で配合されています。

ビタミンB群

ビタミンは肌や毛髪を健康に保つためには欠かせない成分です。皮膚や粘膜を健康に保ったり、新陳代謝を正常に保ったりする働きがあります。お肌を気にする方がビタミンB群のサプリメントを摂るのは、このような働きがあるからなのです。

ビタミンA

ビタミンAも髪の毛の健康に関わっている栄養素です。ビタミンB群と同じように皮膚や粘膜を健康に保つ働きがあります。

育毛サプリに直接的な発毛・育毛効果はない

育毛サプリに配合されている代表的な成分をご紹介しました。もちろんサプリメントの種類によってはここで紹介していないものが配合されていることもあります。しかしどの育毛サプリにも共通して言えることが1つだけあるのです。

サプリメントである以上、効果は期待できない

育毛サプリを使っても髪の毛を生やしたり、太く長くしたりする効果は期待できません。どの育毛サプリが効くのが探している方にとっては少々ショックかもしれませんが、まずサプリメントという時点で効果はないものと思ってください。本当に育毛や発毛の効果があるのなら、それはサプリメントとしてではなく医薬品として販売されているはずです。

冒頭でも説明したように医薬品には効能効果があります。一方でサプリメントにはありません。サプリメントには法律的に効能効果を示せるものを原則として配合できないのです。この事実を知っているだけでも育毛サプリに効果がないことがわかります。本当に育毛や発毛の効果を実感したいのなら、医薬品を選ぶべきであることもお分かりいただけるでしょう。

サプリメントはあくまで補うことが目的

上で紹介した成分の働きを見てもらうとわかる通り、育毛サプリには毛髪の成長に必要な栄養素や血行を良くするものが配合されているだけであり、直接的に髪の毛を成長させる働きのある成分は配合されていません。今回紹介したものの中では唯一、ノコギリヤシにプロペシアと同じような働きが期待できますが、残念ながら発毛を確認できるほどの効果は実証されていません。

育毛サプリは補助的に使うもの

育毛サプリだけで髪の毛を太く長く成長させることはできません。また新しく髪の毛を生やすことも同様に難しいです。しかし摂る意味がまったくないのかと言うとそうでもありません。食生活が気になるときにマルチビタミンを飲むように、毛髪の健康が気になるときに育毛サプリを飲んであげるのは髪の毛にとっては良いことです。健康な髪の毛が育ちやすい環境を整えてあげる意味では育毛サプリも悪くはないでしょう。

発毛を実感したいなら医薬品を選ぶ

すでに抜け毛が進行しており、毛髪のボリュームが気になっているのなら、選ぶべきは医薬品です。ミノキシジルの外用剤、プロペシアやザガーロなどの飲み薬を使用して治療する方法がメジャーとなっています。医薬品はAGAの進行を抑えたり、発毛を促進したりする効果がしっかりと確認されていますので、育毛サプリに高いお金を使うよりは医薬品でしっかり治療するのが近道です。

まとめ

さまざまな成分が配合されている育毛サプリ。一見すると髪の毛が生えてきそうなイメージを持ってしまいますが、サプリメントを使って育毛や発毛効果を期待することはできません。あくまで不足している栄養素を補う目的で使用するものです。きちんと発毛効果を実感したいのであれば、医薬品を使って治療を行いましょう。

ご予約はこちら
close