はなふさ皮膚科

ご予約はこちら
close

薄くなってきた髪のボリュームアップ方法

「最近、髪の毛のボリュームが減ってきたなぁ」
「どうにかしてボリュームアップできないものか」

年齢を重ねるにつれて、薄毛に悩まされる男性は増えていきます。そこで気になり始めるのが、どうすればボリュームアップできるのかということ。ここでは簡単にボリュームを多く見せる方法や、根本的に薄毛を治す方法をご紹介します。

髪のボリュームが減って薄毛に見える理由

リクルートが行った「薄毛に関する意識調査2019 」によると、薄毛に悩む男性の割合は年齢が上がるほど増えていき、40代前半でピークを迎えます。驚くのは10代以下や20代前半でもボリュームに悩む男性がいることです。男性にとって髪の毛のボリュームとは、年齢に関係のない共通の悩みとも言えるでしょう。ではなぜ、ボリュームが減ってしまうのでしょうか。

髪型が合っていない

10代や20代前半でボリュームが気になっている場合は、もしかしたら髪型が合っていない可能性もあります。たとえば髪の毛が長い方や、くせのない直毛の方はボリュームが少なく見えやすいです。髪の毛の重みでボリュームがなくなったり、髪の毛と髪の毛の隙間が目立ったりして薄毛に見えてしまいます。

ヘアスタイリングがうまくできていない

ヘアスタイリングもボリュームがなくなる原因の1つです。髪の毛に束感を出すことで地肌が見えてしまい、逆にボリュームダウンしている方は少なくないように思います。

細くて短い髪の毛が増えている

20代後半から増えてくる薄毛の原因が、髪の毛そのものが細く短くなっていくというものです。髪型やヘアスタイリングのせいでボリュームが少なく見えてしまうのではなく、実際にボリュームが減ってしまいます。抜け毛が増えてきたり、頭頂部や生え際の髪の毛が細くなったりしてきたら薄毛のサインかもしれません。

簡単に髪の毛のボリュームをアップさせる方法

ひとまずボリュームをアップさせて薄毛に見えないようにしたい。そのような方は、以下のことを試してみてください。

ドライヤーの当て方を工夫する

髪の毛を洗った後のドライヤーのかけかたでボリュームは変わります。ボリュームを出したい場合は、頭頂部からではなく髪の毛の根元からドライヤー当てていきましょう。どうしても頭頂部から乾かすとぺたんとしがちです。半乾きだとせっかくボリュームを出せても寝癖がついてしまうので、必ずしっかり乾かしましょう。

ワックスやスプレーを使う

付け方や付ける量を間違うとぺちゃんこになることもありますが、うまく使えればボリュームアップができます。毛束を作りすぎない、付けすぎないことに気をつけて使ってみましょう。

パーマをかける

簡単にボリュームアップできる方法がパーマです。パーマといっても軽いくせを付ける程度のものでもOK。とくに直毛の方がパーマをかけると、見た目を大きく変えられるでしょう。

コンディショナーやリンスを変えてみる

重い仕上がりになりやすい、潤い重視のコンディショナーやリンスは避けておきましょう。ふんわりし仕上げるような商品と比べると、かなりボリュームが変わります。

そもそもなぜ薄毛になってしまうのか

髪型やヘアスタイリングの影響でボリュームが少なく見えてしまうこともありますが、髪の毛自体が細く短くなってしまう場合も少なくありません。なぜ男性は、頭頂部や生え際の薄毛に悩まされやすいのでしょうか。実は男性の薄毛の原因はほとんどがわかっています。原因がわかると対策もしやすいので、ぜひ原因も知っておきましょう。

男性の薄毛は原因の8割がAGA

薄毛は食生活や生活習慣が原因で起こるなど、巷ではさまざまな薄毛の原因があれこれとささやかれています。しかし薄毛の原因は食生活でもなければ生活習慣でもありません。

ほとんどの原因はAGA(男性型脱毛症)です。薄毛に悩まされる男性の約8割はこのAGAが原因だと言われています。つまりAGAの対策をすれば、髪の毛のボリュームアップも可能というわけですね。

AGAになると薄毛になる理由

ではなぜ、AGAになると薄毛が進行してしまうのでしょうか。AGAとは男性ホルモンが髪の毛の成長を邪魔することで起こります。男性ホルモンのうちジヒドロテストステロン(DHT)がAGAの原因です。

髪の毛が正常に成長して抜けて、成長してを繰り返すためには、毛周期がきちんと回っている必要があります。毛周期とは髪の毛が成長する成長期と、抜けていく退行期や休止期といった成長サイクルのことです。

しかしAGAの方では。ジヒドロテストステロンの影響で成長期の期間が通常の方よりも短くなっていることがわかっています。

だから十分に髪の毛が太く長くなる前に成長が止まってしまい、髪が細く短くなり、全体のボリュームが少なくなってしまうのです。

ジヒドロテストステロンの作られやすさや、アンドロゲンレセプターの感受性の高さなどは遺伝子で決まり、結果としてAGAを発症します。アンドロゲンレセプターとはジヒドロテストステロンが結合する受容体のことです。結合しやすい受容体をもっているほど、ジヒドロテストステロンの働きも出やすくなります。つまり薄毛は、普段の生活ではなくもともとの体質によって起きたと考えるほうが適当です。

根本的に薄毛を解決してボリュームアップする方法

頭頂部や生え際が薄くなってきている方、抜けた髪の毛の毛根に膨らみがない方はAGAの可能性が高いと言えます。「もしかしてAGAなのかな?」と思ったらドライヤーやパーマ、ヘアスタイリングでどうにか目立たなくするよりも、しっかりとした治療を始めることが1番の解決策です。

発毛剤の塗り薬を使う

発毛剤はもっとも身近なアイテムでしょう。ミノキシジルを配合したリアップは、ドラッグストアや薬局でも購入できます。ミノキシジルは毛周期のバランスを整えて、短くなった成長期を元に戻す効果をもつ成分です。3―4か月使い続けることで発毛の効果を実感しやすくなります。髪の毛に栄養を与えたり地肌を健康に保ったりする育毛剤とは違い、髪の毛を太く長くすることでボリュームアップできることが特徴です。

飲み薬を使う

クリニックを受診すれば、AGA治療のための飲み薬も処方されます。フィナステリド(プロペシア)やデュタステリド(ザガーロ)が代表的です。この2つのお薬は、ジヒドロテストステロンが体内で作られるのを抑える働きをもちます。そのためAGAの進行を止めるのに役立つお薬です。

ボリュームが気になってきたら早めにクリニックの受診を

抜け毛が増えたり細く短い髪の毛が増えてきたりしたら、早めにクリニックを受診してください。最初のうちは髪型で誤魔化せるかもしれませんが、放っておくとどんどん薄毛は進行してしまいます。それだけでなく治療の開始が遅くなればなるほど効果も出にくくなることが明らかです。

まとめ

髪の毛のボリュームに関する悩みは、健康は害さないとはいえ男性にとっては深刻な問題です。とくに抜け毛の量が増えたり、頭頂部や生え際の髪の毛が気になったりするようになってきた場合はAGAの可能性があります。AGAの場合は、早めに治療をしないとなかなか治療効果が出にくくなってしまうので注意しましょう。髪型やヘアスタイリングで誤魔化すよりも、根本的に薄毛の治療を行うことが大切です。

ご予約はこちら
close